×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

 

懺悔文

 

 

懴悔文 (ざん げ もん)一辺

が   しゃく  しょ   ぞう   しょ   あく   ごう

我  昔  所  造  諸  惡  業

かい  ゆ    む   し   とん  じん   ち

皆  由  無  始  貪  瞋  癡

じゅう しん   こう   い    し   しょ  しょう

従  身  口  意  之  所  生

いっ  さい  が   こん  かい  ざん  げ

一  切  我  今  皆  懺  悔

訓読文
我れ昔より造る所の諸[もろもろ]の悪業[あくごう]は、
皆な無始[むし]の貪[とん]瞋[じん]痴[ち]に由り、
身[しん]語[ご]意[い]従[よ]り生[しょう]ずる所なり。
一切を我れ今[いま]皆な懺悔[さんげ]す。

現代語訳
私が昔からなしてきた様々な悪しき行いは、
すべて始まりもない太古からの貪りと怒りと愚かさを
原因として、
身体と言葉と心によってなされたものである。
それら全てを私は今みな懺悔する。